おとぎの国へ。

「ぬくもりの森」へ行ってきました。

Img_3568

Img_3566


Img_3569


普通の民家の間を歩いていくと 突然 街並みが一変。

中世ヨーロッパ風の可愛い建物が立ち並んでいて、まるでおとぎの国に来たような感じになります。

建物内にはカフェやレストラン、手作りの雑貨屋さんなどがあり

オシャレで可愛いものがいっぱいnotes

若いカップルや女の子たちに人気の場所のようですhappy01heart04


今までも浜松に遊びに行くことはありましたが、こんな場所があったなんて

テレビで紹介されるまで全然知りませんでしたsweat01


敷地はそんなに広くないので、あっという間に見て回れますよ。

浜松に行く機会があったら一度立ち寄ってみたらいかがでしょうか?


リフォーム玄関引戸

Img_1160

    ※施工前(木製)

Img_1255


    ※施工後(アルミ製)  写真がイマイチですみませんsweat02


木製玄関引戸から、アルミ玄関引戸(新槇調のラミネート仕上)に交換させて頂きました。

とても、センスの良い玄関引戸を選んで頂いたので、すごく満足のいく仕事ができました。

お手軽な金額で、一日作業で出来上がりますので、皆さんもどうでしょうか。

腰パン

愛犬のお散歩をしていると 工場の作業員さんらしき団体によく会いますrun

年齢は様々ですが 若いお兄さん達の中には 腰パンを上手にはきこなす(?)姿も・・・

以前は学生によく見かけられた 腰パンですが 今もファッションとして健在なんですね

私の様に中年ともなると 最初に見た時は唖然としたものですがsign03!!(゚ロ゚屮)屮 

最近はそれにも慣れてしまい でも見かけるとやっぱり 背後からじーっと見てしまいます(゚ー゚;

そして思うのは あれで仕事できるのかな?とか

           慌てて走ったら転ぶかも?とか  

           あの服は どこで売ってるのかな?とか・・・

うーん あれを穿いてさっそうと歩く姿は すごいなぁと 思ってしまいます!

ファッションを追いかけるのも 若さならでは。。。 でも 転ばないでね(o^-^o)

富士山。

先日、我が家の窓から見えた富士山です。


Img_3553


雲に夕日が当たってオレンジ色に染まり、まるで火口から煙が出ているみたいで

とても厳かな感じがします。

季節や雲の様子によって様々な姿を見せてくれる富士山。

面白い形の雲とコラボしていたりすると つい写真を撮ってしまいますcamera


自宅から毎日のように見ているので、私にとっては日常の風景の一部ですが

県外の人からしてみればきっと羨ましい光景なんでしょうね。

なんたって世界遺産ですもの!

県外の友達とメールをするとき、富士山の写真を一緒に送るととても喜んでもらえるんですよfuji


夏も終わりに近づき、だいぶ秋めいてきましたね。

あっという間に富士山も雪化粧するのかな??

今から楽しみなミィでした(*^-^*)

9月のツーリング

Img_2268


Img_2269


久しぶりに、5台でツーリングが出来ました。

富士山→山中湖(ゼファー祭り)→河口湖→富士川(山梨県)→本栖湖

お昼は、有名店の支那そば・けんへ行きました。 ※知らなかったけど・・・

次々とお客さんが、来るお店でした。 肉チャーハンは終了してました。⤵

Img_2262


Img_2266


そして、最後は、難関の峠道、本栖湖に抜ける山を走り、途中で本栖湖を眺めた場所が、

なんと、なんと、 千円札の裏側の富士山の場所でした~(*^_^*)

雲がかかっていて、富士山が少ししか見えませんが・・・

Img_2270


最後に、もちやで休憩して、流れ解散して終わりました。

今日のツーリング距離は、230キロでしたぁ- 楽しかったです。

旬の味

スーパーで栗を見つけたので 思わず買ってしまいましたhappy02

茹でてホクホクの栗をたべようかなぁとも 思いましたが

初物だし ちょっと面倒だけど栗ご飯にしてみましたnote

皮むきに時間が掛かるけど 素材は良さそうheart01 あとは腕ですねcoldsweats01

出来上がりは いつも心配ですsweat01でもどうにか美味しくできました

ホクホクの栗がゴロゴロとたっぷり入ってます!

皆さんはもう食べましたか?

時期の物は やっぱり「 美味しいですよーヽ(´▽`)/ 」

栗が好きな人は 食べてみてねdelicious

Img_2543


やかんの思い出。

Img_3546

我が家で使っているこのやかん。

夏になると麦茶を煮出すので、大活躍しております。

私が大学生の時から使っていて、とても愛着があるものです。


時は十数年前に遡ります。

私が住んでいた学生寮は日曜・祝日、長期休暇中にお湯が出なかったので

近くの銭湯に通っていました。

しかし。

毎日通うのは面倒だし、銭湯代も掛かる。

そこで編み出されたのが「やかん風呂」

やかんで沸かした熱湯を水と混ぜ、うまく温度を調整しながらお風呂に入っていました。

お風呂場にやかん・・・不思議な光景ですよね(笑)

今考えれば、よく火傷しなかったなぁと思いますが。(※良い子は真似しないでね)


ふとそんな学生時代の思い出が蘇ったミィでした。

和風住宅建築中

Img_1151


Img_1150


Img_1147


Img_1155


Img_1152


Img_1154


私の友人の、新築中現場です。

私自身も憧れる、和風の平屋住宅で、羨ましくなります。

任されている大工さんも、妥協をしない、拘りのある仕事をしてくれている事を、すごく感じ取れます。

もう少しで、完成となるようです。 楽しみですね。

富士山が見える とろろのお店

休日のランチにとろろを食べに行ってきましたcar

とろろと言えば有名な丁子屋さんしか知らないのですが

近場で食べられるお店があったんですねー

初めて行くので ナビを頼りに松野の細い道をぬけ

たどり着いたら 想像とは違う古民家風の綺麗なお店でした

  私の想像は おばちゃんがいるような定食屋だったのに・・・ヾ(´ε`*)ゝ

こんな感じです  晴れた日には大きな窓にドーンと富士山が見えるそうです
Img_2529


ランチタイムはとろろのセットしかありません

お店には こだわりがある様で器は一人一人皆ちがいます

ご飯は外のかまどで炊いた麦ごはんriceball

デザートも庭の栗で作った渋皮煮

ボリュームは丁子屋のほうがありますが女性受けする感じの店です

他にかき氷が数種類あり それを目当てに来る方もいるようでした
Img_2530


運悪く ご飯の炊きあがるまで暫く待たされて 少々疲れましたが

美味しく とろろを頂いてきましたdelicious

謎。

私が住んでいるアパートのお話。

少し前に「隣の部屋の人が引っ越した」という話をしましたが

先日、別の階に住む人も引っ越していきました。

12部屋中、3部屋が空き部屋になり オーナーさんもさぞお困りのことでしょう。

築18年にもなれば、部屋をリフォームする必要があるように思うのですが

何もする気配はありません。

そこである疑問が浮かびました。


「なぜうちの部屋だけが全面的にリフォームされているのか」


建具と壁紙は一新され、トイレも洗面台も新品。

間取りも3LDK→2LDKへ 元々和室だった部屋も洋室に変わっています。


てっきり他の部屋も今の入居者が退去したらリフォームするものだと思っていましたが

最近そうではないことに気が付きました。

「もしかしてこの部屋で何か(不吉な事件)があったのでは・・・」

と考えたりもしましたが

インターネットで調べても何も出てこないし、怪奇現象も何もないので

多分オーナーさんの金銭的な問題なんだろうと思いますけどね。


うちはたまたま運が良かったんだ。

そう自分に言い聞かせているミィでしたsweat01

«恒例のお盆キャンプ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30