« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

真っ白でした

先日 東京まで、試験を受けに行ってきました。

学科試験は受かっていたので、実技試験のみでした。

なんとかなるだろうと思っていました。  大丈夫・大丈夫・・・

試験内容は、実技問題が3問(各制限時間10分)と、団体での面接です。

説明を受け終わり、試験会場へ行きました。

すると、試験管が 「では、問題を読んで始めてください」 と言われ

緊張しながらも、寸法を出して、工具を持ちました。

しかし、扱った事がない工具でした。

でも、教科書では使い方は分かっていました。

と・と・とところが、パイプを切断するはずが、 ねじきりをしてしまいました。

やばい・やばい・と 汗が出てきて、頭の中が、徐々に真っ白になりました。

次の瞬間   試験官より、 「来年に向けて、逆からやってみて!」  と言われました

終わった・・・・・・・・  また真っ白になりました。  

電車代がもったいないとも思いました。

実際に使った事がない道具でも、どうにかなると思っていましたが、

緊張しているせいか、デタラメになってしまったようです。

来年に向けて、身近にある工具をいっぱい触れてみます。

自分の頭の中が、こんなにも真っ白になったのは、久しぶりでした。

受かっていたら奇跡です。

日々是精進

この夏まで数年間、自分は リフォームやら建築会社やらと、木造の建築工事全般に浅く広く携わる仕事をしていました。

特に流行のリフォーム業では、外部はガーデニング工事、塗装工事、屋根の葺き替え、内部は床の張替、クロス張替、照明器具の新設、浴室改装、造りつけ家具設置など、幅広い工事を経験しました。

今は、いわゆるサッシ屋さん。  リフォーム的に見れば、窓、ドア、それだけでしょ!? なーんて、どこか甘く考えがち・・・  そんなつもりは無かったのですが、実際その世界に身体を沈めてみると、なんと奥の深いことか。 

製品の価格が頭に入っていない。 それをどこに頼むべきか知らない。 かかる工事費が読めない。 納まりが想像できない。 手配の順番が分からない・・・等など。  日々即答出来ず戸惑うことしきり。

いつも数分で見積をしていただいている 某金物製作会社の担当者様、あなたはすばらしい。 自分も見習いたいと思います。 

自分とは・・・

私は、34歳になる猿人です。

人間よりも少し頭が足りないように感じるからです・・・・ #&$%

最近では、体力も衰えてきているので、以前のように無理がきかない事がよくわかります。

それならば、経験や知恵や工夫を生かして、対応が出来ればと思うのですが・・・

ゴテゴテになる事が多いです。 #$%&

やる気があっても、一度には出来ないのが悔しくて、もがいていました。

でも、   自分は・・ 不器用です。

ひとつひとつやるしかないようです。 コンピューターのように同時に動けないようです。

 1G 位?

これからは、自分と向き合って、出来ることから確実に取り組んでみます。

自分に出来ることは精一杯やります。

自分に出来ないことは仲間にお願いします。

僕の周りのみなさん! 

これからも、ご迷惑をおかけしますので、宜しくお願いします。

あっ しゃべれた・・・ 人間ってこんな感じ?

自分とは・・・

手間のかかるヒヨコ達?

Photo_12 ボクたちのご主人さまはいつもヘトヘトです。

 なんでも、ボクたちの世話に手がかかるから、らしいんだ。

 ん~たしかに ボクたちいっつもミミズを追いかけてると

 道に迷っちゃうんだよねー。 それでいっつも怒られる。

           でもね! さっきマー君に道に迷わなくなる呪文をおそわった!

           えーっと、なんだっけ・・・  そうそう!

           『 ぽじてぶ ぽじてぶ いいかとおもってぇ~ 』 ・・これでヨシ。

           ・・・お!? でっかいミミズ発見。   待て待てぇー。

時間よとまれ~

じ ~ かんよー   と ・ ま ・ れ ~       っ て 

歌ではありませんが・・・・・

日々、考えてしまう事が多いです。

時間があればなぁ~ って 思う事が、色々な事に対する言い訳にすぎない。

と言う事だと、  分っているはずなのに、時間に追われています。

それから、時間の為に、生きて楽しんでいるわけでわない。

そうも思っているのですが・・・・

なかなかと、変われない自分がいます。

今朝の朝礼でも、

時間は誰にでも、平等なはず・・・・  だと

教えてもらいました。

確かに、そうだと・・・ っと 痛感しました。

遅いのかもしれませんが・・・・・

やはり、時間に振り舞わせられないように、

自分でコントロールできる人間に変わりたい!

と思っています。

自分のためにも、自分で改良せねばなりません。

これからも、意識を高めて挑戦していきたいと思います。

ペ は ペ?

Photo_10 本心、さすがにこのキャラにも疲れてきました。

未熟さを盾にすべてを笑ってごまかし、でも元気と誠実さをアピールすれば、これまではナントカやってこられました。

でも実際、少しずつ上手くいかなくなってきている。 特に流通の中間に位置するこの仕事では、愛想より確実性が求められる。 年々取り繕いに要するエネルギーが大きくなっている気がする。

決して悪気はないんです。 ただ、長年そうやって自分自身を生かしてきた自分にとってはそんな自身を変えることに漠然とした恐れがあり、どうしても裸で人前に立つことができない。

飛び地のように、特定の狭い範囲でしか経験の無い自分では、自信のあることだけやっていては、範囲が狭すぎて仕事にならない。 ある程度、ハッタリと取り繕いは致し方無いのも事実。

ともかく、「この分野では、自分は一人前です。」 というモノを一つずつ増やしていくしかない。 自信があれば、はっきりNO!と、そう言えるシーンも増えてくるはず。 そのためには、何でも納得いくまでじっくりやってみるしかないんでしょうね・・・!?

・・・ま、お風呂にでも浸かってゆっくり考えましょうか。

感謝してます

ここ最近は、自分の両親なしでは、生活が難しい状態にいます。

特に母親には、朝食・洗濯・夕食(遅い時間に)・・・ 甘えさせてもらっています。

学生時代や、独身時代には、当たり前のようにしか思えていなくて、感謝していた覚えが

ありません。 ごめんよ。

34歳の自分に、何の苦労も感じさせずに、毎日世話してくれます。

情けない自分を、黙って心配してくれています。

親父も、心配してくれているのが、すごく感じています。

なぜか、今までの中で、一番感謝していることに気がついてきました。

色々な意味で、早く立ち直りたいです。

目を閉じると、次の日が必ず来ます。

次がある以上、前に進みます。

雨の日も、風の日も、嵐の日も・・・・・       

他の身の廻りの人達にも感謝してます。

いつも有難うございます。

再会

Photo_9

〈 持てなかった男より 〉

かつて自分も 最高の娘に最低のフラれ方をした。

きっとそれが故に今も 普通の家庭すら築けずにいる。

そんな自分の言葉に説得力はないのだろうけれど

だからこそ できるなら

今回の事に、自分の気持ちの中できちんとけじめをつけ

本当の意味でのリスタートをしていって欲しい。

そう思う。

同じ様な想いをした。 だから分かる。

辛いのも、苦しいのも、避けようは無い。

でも、それを正面から受け止めて

自分自身の中できちんと「区切り」を持って欲しい。

きっと時間はかかるだろうけれど。

他の面で、変わらず未熟な自分には、

こんな部分しか言ってあげられない。

ただ  この数ヶ月を  いつか

笑って話し合える日の来ることを願って。

やらなければ!

最近 さびしい時と、苦しい時があります。

さびしいと思う事は、今の自分の状態では無理もないと・・・ 納得できます。

苦しい時は、自分が日々もがいている時でしょうか????

普通にやらなければならない事は、こなす事ができていると思います。

しかし、今まで意識していなかった事や、もっとやらなければと思う事を、

何とかしなくては・・・ って 考えていると、本当に出来るのか・・不安になってしまう。

やらなければ 出来ない事はわかっていますが・・・

色んな事が 次々問題となってしまう。  ひとつ・ひとつ・なんだぁ・・って思いなおし

またがんばろうとしています。

自分の限界も感じます。 自分をもっとわかっていた方が、楽なのかもしれません。

それから、もっと人に相談したり、頼むことが出来れば・・ 余裕も出てくるはず。

分っていても出来ない事が悔しい。

いつも心配してくれる人達の為にも、自分は前を向きやらなければなりません。

これからも・・・

俺のカオってどんなん?

6_1 かつての同僚が独立し、成功しつつある。そんな情報が時々耳に入る。

営業もせず、広告も出さず、開業1年。しかし個人としては十分以上の物件を手がけている。 目をそらしたい。 でも気になる。 ひたすら悔しさが込み上げる。 正直、羨ましい。 そして己が情けない。

自分はここで頑張る。その事に迷いはなく、楽をしたいわけでもない。

ただ、男として、社会人として、結果を出せていない今の状態は強烈な焦りとなって自分を追い込む。

仮にその同僚が実際に勝者だとして、そう成り得ていない自分とどんな違いがあるのか?

思うのは、賢さ。 情報を集め、計画を立て、大いなる仕掛けを考え、すぐに実行する。 確かにその同僚はそういう人間だった。 カリスマ性もあった。 排他主義的ではあったけれど、自分に自信を持っていた。 そして、“そんな自身をよく知っている”という賢さがあった。 今思えば、そう思う。   

時間管理、自己管理、それに基づく計画性、実行力。 そして自分への絶対的自信。 それらは仕事の能力にきっと直結する。

ならば自分も、計画的に大いなる仕掛けを作り、網を張ろうではないか!!! ・・・って、まずどうしたら良いの?? ・・・誰か教えて。

ドライバー

こんばんわ。 先日、ゴルフに行ってきました。

気分転換になればいいと思い・・・

もちろん、ゴルフをやりたくて行きましたけど。

前回、ある島で二日連続でプレイした経験を生かして、良いスコアーを出したい気持ちで

した。  練習でも自分の悪い所を注意しながら、集中して取り組みました。

本番の前日にも、最終調整と思い練習に行きました。

案の定です・・・。 

ドライバーが当たらなくなってしまい、どうしたら良いのか・・・ チンプンカンプン@@@@

そのまま 本番に行く事になりました。

全然駄目状態でした。 アイアンには自信がありましたが・・・ ティーショットもアイアン?

結果は教えませんけども・・・ またもや良い結果がでませんでした。

ドライバーが・・・ って思い。 いつもなら、もう・・や・め・た って思うのですが、

今回は、数日後にもお客様と行く計画があるせいなのか、ドライバーだけがひどかった

せいか、ドライバーが打てればと思い、まだ諦めないという気持ちが出てきました。

後日、練習行きます。    教えてくれる人も見つけました。

がんばってみます。 ゴルフに限らず、興味を持つことが出来たら、諦めずに挑戦し続け

てみようと思います。

人生一度きりですから・・・  まだ 諦めませんから! 全てに。

「  今度は、100 きれそう・・   」    

バイク好きです。

どーもタッキーです☆

僕はバイクがとても好きです。

風を感じながら一人で自由に走り、いろんな場所へ行ける・・・・・

そんな乗り物は他にはないと思います。

季節の移り変わりも肌で感じることが出来ます。

仲間と集まってのツーリングも最高に楽しいです。

特に目的地を決めないで出かけて、言ったことのない場所

などへ行き、普段見ないような風景を見たり、新たな発見が

あったりします。

車よりも身軽な分、危険も多いです。

気をつけていても事故にあってしまうかもしれません。

それでも、自分を解放してくれるバイクが僕は好きです。

ドキがムネムネ~

Photo_8 この頃は 昔お世話になった人に数年ぶりに会い、再び関わり始めることが多い。

過去の自分に対する評価が今の自分を苦しめることもあり、その逆にかつての自分が手を引いてくれるケースも、ままある。

立場は関係なく、人と雑に接してはいけないものだ。 そう実感する。

営業であるから、少なからず自分を誇張し、外面を繕うことは必要なこと。 でも、できるだけ本音で接し、相手を尊敬し、悪い自分も良い自分もひっくるめて、相手を自分のファンにする。 そういシェイプ オブ マイ ハート こそ、目先でなく、長い意味での社会人としての自分を救うのではないか。

余談ですが、昨日少し暴れたので、今日はお疲れモード。 また次回~。

  ※注 : 文と絵およびタイトルはなんの関係もありません

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30