« 浮島ヶ原自然公園 | トップページ | 日曜の食卓(晩酌) »

大井川川越遺跡

「 箱根八里は馬でも超すが、超すに越されぬ大井川 」

一度は耳にしたことがあると思いますが江戸時代に東海道の難所だった大井川と

島田宿、川越の様子などが分かる島田市博物館へ行ってきました

昔は大井川に橋も渡し舟もないので人足を雇って川を渡っていました

安く済ませたいなら肩車、お金のある人は蓮台という台に乗りお神輿のように担がれて渡ったわけです

それも人数や水位で金額が違い、当然ながら水が多すぎたら渡れませんから何日も宿泊する羽目になるわけです

川を渡るだけで随分とお金が掛かりますね

そんな昔の様子や資料などたくさん見てきました。なかなか面白かったです(^^)/

そして博物館を出て300メートルほど歩く間 道の両脇に川越人足が出入りした札場などが見学できます

歩いた先には博物館分館もあって明治時代の日本家屋と民俗資料がたーくさん展示してありました

日本家屋は格子のガラス戸できれいな庭を眺められ涼しい風が気持ちよく 

懐かしい感じがして縁側で日向ぼっことかしたくなりました

展示物の中には幼いころ見た覚えのある電化製品や農家の道具類もあり、これも面白かったです!

しかも何故か人が少ない。このご時世個人的には安心して見学できましたけど

私は面白かったのでもっと見学者が増えたらいいのになと思った次第です

近くには蓬莱橋もありますし 興味のある方はお勧めしますよ!

Img_4917

« 浮島ヶ原自然公園 | トップページ | 日曜の食卓(晩酌) »

リクママ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 浮島ヶ原自然公園 | トップページ | 日曜の食卓(晩酌) »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30