餃子、皮から作ってみました。

こんにちは。

週末の3連休、台風でなかなか外出できなかったので、以前から試したいと思っていた「餃子を皮から手作りする」というのに挑戦してみました。

市販の皮とは比べ物にならないくらい美味しい、と書いてあるのを読んだ事があったので、気合が入ります。とは言っても、粉と塩と熱湯を混ぜて捏ねるだけなのですが。

捏ねて、皮1枚分ずつに小さく丸め、綿棒で薄くのばしていきます。小さめの餃子にしたかったのですが、皮が小さいと包むのが難しそうなので、今日は大判サイズにのばしていきます。全部で24個出来ました。2人で2回に分けて食べるには丁度いい量です。

一晩冷蔵庫で寝かして、具を包んでいきます。

子供の頃から餃子を包む担当だったので、餃子包みには自信があります!!

思いのほか包みやすい上、市販の餃子よりも焼きやすくて、焼き上がり見た目は美味しそう。

実際、美味しいことは美味しかったのですが。。

結論から言うと、おかずとして食べる餃子は市販の餃子の皮を使うべき!!ですね。手作り餃子の皮はもちもちしていて、イメージとしては焼き饅頭に近いかも。ごはんと一緒に食べる感じではありませんでした。焼き餃子よりも、水餃子とか蒸し餃子にした方がよかったかも、と思いました。

次は肉まんを試してみようかなあ。

Img_1908



 

箱根に行ってきました。

こんにちは。

先週末はお天気も良かったので、箱根に行ってきました。

箱根って正直、芦ノ湖と観光船のイメージが強くて山のイメージがあまりなかったのですが、今回は芦ノ湖には寄らず、箱根神社と大湧谷と仙石原への訪問です。

大湧谷には子供の頃にも言ったことがありますが、大人になって見てみるとちょっと怖いですよね。噴火したりして、とか考えてしまいます。噴火した場合の案内の表示板とか出てるし。でも、寒いくらいに涼しくて、気持ち良かったです。

仙石原は、すすきの見ごろにはまだ少し早かったようですが、それでも観光の人たちが結構見受けられます。さあ、すずきの原の間を上っていこう、という時になってハプニング!

同行者「スニーカーの裏が剝れた」。。

一緒に連れてきた犬も、「まだ歩くのおー」と言わんばかりに道の脇にぺったり寝転んでしまいました。

そんな訳で、仙石原は入り口からの写真だけ撮って帰ってきました。

なんだか消化不良な感じでしたが、それでも疲れて帰りの車では爆睡してしまいました。

ここ2年以上コロナで旅行に行けていないので、しっかり計画をたてて、泊りで旅行に行きたいなあ。

 

ドッグランのある家

Img_1637

こんにちは。

先日エクステリアについての本を読んでいたところ、庭にドッグランをつくった家の記述がありました。

我が家にも犬がいて、休みの度にドッグランに連れていっているので、家にドッグランがあればいいよなあ。。と夢が膨らみます。

我が家の愛犬「サブ」はどちらかと言えばインドア派ですが、元気なわんこならきっと楽しくてたまらないでしょう。

小さいベンチを置いて、サブを遊ばせながら読書をしたりするのもいいいよなあ。これからいい時期だし。

今、「魔法のリノベ」というドラマをテレビでやっていて先日見始めたのですが、主人公の決まり文句が、「これからの生活をイメージしてください」、というものです。

より良い生活をイメージして、生活スタイルに応じて家の形を変えていく。私達の仕事は、実は結構夢のある仕事なんですね。

裏庭のお楽しみ

こんにちは。

最近朝晩すっかり秋めいてきて、庭の草取りもそろそろ楽になってきました。

私には春と秋のひそかな楽しみがあります。

毎年、裏庭にどこからか植物の種が飛んできて、思いもしない花を咲かせるのです。

今年はりっぱなテッポウユリが花を咲かせました。

よくよく見てみると、今年はテッポウユリの当たり年のようで、ご近所の空き地にもそこかしこにテッポウユリが花を咲かせています。

去年は裏庭のど真ん中にケイトウが大繁殖してしまい、さすがに少し抜きました。

今年はそのケイトウ、テッポウユリ、日日草が花を咲かせました。

いったいどこからやってくるんでしょうね?

春にはハナニラや、野草の「のびる」も生えてきます。もちろんタンポポや菫も。

自分で植えた花が咲くのも嬉しいですが、これは何だ?と観察しながら見守るのはワクワクしますね。

しばらくの間これらの植物に、我が家の裏庭を彩ってもらうつもりです。

Img_1881-1

 

名もない林ですが

こんにちは。

私の実家の近所にある林で先日事故があり、そのせいなのか林の4分の1程度の面積の木が伐採され、平地になってしまいました。

以前はシカやサルがいて、今もタヌキが暮らしている林です。

子供の頃からの遊び場ですので、やっぱり悲しいですね。

今も犬の散歩コースとして重宝していますので、その林の中には秘密の場所もいくつかあります。

その林を抜けた先には、庭園屋さんの庭木の育成場(というのかな?)がありまして、春にはツツジがきれいな花を咲かせます。

満開!!という時期に行った事がないので、来年こそは一番いい時期に行こう!と思うのですが、年によって開花時期が変わるので、

なかなか難しいですね。

富士市というと、いい景色=富士山が見える景色、のように思われがちですが、富士山が見えなくても素敵な場所はあるんだと声を大にして

言いたいです。

 

動物も家族だからね

Img_18271_20220816165201

1か月程前、実家で飼っている猫が行方不明になってしまいました。

15年前に、父親が山道で拾ってきた猫です。

鼻水を垂らして鳴いていたので、名前はハナ。

迷子のチラシをどうやって作ろうかと悩んでいたら、なんと大阪市が無料で、迷子動物のポスター作成用チラシのひな型をダウンロードできるようにしてくれていました。神ですかあ!!

今もまだ見つかっていないので、もうどこかで死んでしまっているのでしょう。

お父さん子なので、介護施設に入ってしまったお父さんを探しに行ってしまったのかも。。と思ったりもします。

急に施設入りが決まったので、父とゆっくりさせてあげる事もないまま離れ離れにしてしまいました。

父自身は認知症で全く状況が理解出来ていなかったと思うのですが、ハナは急に大好きな人がいなくなって、混乱したし悲しかったことでし

ょう。

言葉はわからないかもしれませんが、最後ゆっくり一緒にいさせてあげて、おしゃべりさせてあげればよかったと本当に思います。

 

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31